FC2ブログ
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

カンボジアの世界遺産として知られている,アンコールワットには恐竜のようなレリーフがあります.
ank,t

このレリーフを見てみると,ステゴザウルスのような姿をしたレリーフが掘られているのが確認できます.
この遺跡は12世紀頃に作られたもので,その時代に恐竜がいるなんてありえないことです.
しかしこれは,恐竜のように見えるだけであって,実際は違うのではないかとも言われています.

このようなレリーフは様々な場所に存在しますが,この恐竜のような姿をしたものは一か所だけです.
よって,たまたま,ひとつだけが恐竜のように見えてしまったという可能性があります.
さすがに今から1000年前まではこの地域に恐竜が存在したというのはちょっと無理がありそうです.


アンコール・ワット―密林に消えた文明を求めて (「知の再発見」双書)
関連記事

TrackBackURL
→http://tachyon1967.blog.fc2.com/tb.php/134-73eb202c
Secret

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。
label for=text-align: