FC2ブログ
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ワームホールを使ったタイムマシンについて考えていきたいと思います.

もしワームホールが作れて,さらにそれを維持し続けることができたらという前提で話をしていきます.
ワームホールは前に書いたとおり,2点を繋ぐ穴です.

その片方の穴を光の速度で移動させ,また光の速度で元の位置に戻す.
移動させてない方の穴からワームホールに入り,その穴を抜けると,そこは過去の時間になってるというものです.
これは光の速さで運動すると時間の進み方が遅くなるという性質を利用したものです.

しかし,この方法ではタイムマシンをつくった時点からの過去にしか戻れないのです.
つまりタイムマシンを作った時点より前には戻れないのです.

これを実現するのは相当難しいと思います。
ワームホールが存在して,それを維持し,光速で動かさなければならないからです.

ただ理論的にこうなるのではないか?と考えられた方法ということです。

タイムマシンをつくろう!

タイムマシンと時空の科学 (図解雑学)
関連記事

TrackBackURL
→http://tachyon1967.blog.fc2.com/tb.php/14-0c4834d7
Secret

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。
label for=text-align: