上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

シュレーディンガーの猫とは、量子力学の不完全さを示すためにシュレーディンガーが考案した思考実験です。

量子は雲のように同時に存在しており、観測するとある一点で見つかるという性質を利用します。

箱の中に量子の影響によって発射する毒と猫を入れる。
この状態で箱の蓋を閉じると、観測するまで箱の中には生きている猫と死んでいる猫が共存している状態と考えることができる。

生きている猫と死んでいる猫が同時に存在しているなど常識で考えるとありえない、という理由で量子力学の不完全さを説明するための思考実験です。

この実験の解釈として、ありのままを受け入れたのがコペンハーゲン解釈です。

他に多世界解釈というものも存在しています。

cat.jpeg




関連記事

TrackBackURL
→http://tachyon1967.blog.fc2.com/tb.php/249-6bb45928
Secret

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。
label for=text-align: