上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

宇宙航空研究開発機構などの研究チームが134億年前の最初に誕生した星の光と見られる光を世界初観測したようです.

研究チームは赤外線天文衛星「あかり」を使って,空の明るさを観測し,その結果,これまでに知られている銀河や星の影響をすべて取り除いても、宇宙の背景の明るさに大きな「むら」が残ることが判明しました.
これは宇宙で最初に生まれた第1世代の星の集団が存在していることを示しているそうです.
現在の宇宙には銀河が多く存在する場所と,あまり存在しない場所があり,それは「宇宙の大規模構造」と呼ばれています.
今回の研究で最初の星が生まれたときにはすでに宇宙の大規模構造が出来ていたことがわかったそうです.
関連記事

TrackBackURL
→http://tachyon1967.blog.fc2.com/tb.php/89-955df446
Secret

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。
label for=text-align: